幸せなお正月、忘れられないお節の味

 どうしても忘れられないお節がある。その後、何度も美味しいお節を食べ続けてはいるが、どんな有名店のお節もあのお節には決して勝てない、と思う。祝い肴、焼き肴、煮物に酢の物。たくさんの料理が綺麗なお重に所狭しと詰められて、それぞれの料理の意味や新しい年への願いが一つ一つ大事に込められたお節であった。 

 そのお節とは…祖母が亡くなる2年前に一緒に作ったお節だ。祖母は認知症になり、沢山の事を忘れ失ったたけれども、昔の事と祖父への愚痴と、料理の腕はしっかりとその記憶の底に隠れていた。
 
 この年、お節は買おうかと思ったけれども、年末年始にかけてせっかく祖母も施設から帰ってくるのだし、リハビリになるし…と私がお節を作りたいという体で手伝ってもらうことにした。

 「くるみはね、家庭円満という意味があるんだよ」「きんとんはね、お金がたまるようにという意味があってね…」嬉しそうに語りながら一つ一つの料理を作る祖母。包丁さばきはとても見事で、出汁はちゃんと昆布やカツオからじっくりと取り、買えばいいのに…と思うような伊達巻・田作り等さえも作りながらいろんな話ができた。「あんたもさっさと結婚しなさい」「結婚したらちゃんとお節作るのよ」と、認知症の癖に、たまに素の、今の祖母が戻ってきて苦言を呈されつつ、最終的には母や伯母も加わって女たちで大騒ぎ。3世代が集まって、ああだこうだ言いながらお節を作った。

 そして元旦。そのお節を並べ親戚の来訪を待つと、皆「懐かしい」「これはばあちゃんの味だな」と大好評であった。 とはいえ、先ほど今までで一番おいしかった、と言ってはみたものの、自宅で作ったお節であるから、見栄えはすごく地味だった気がする。 しかし、そのお正月、お節を褒める家族の真ん中には祖母がいた。笑顔で嬉しそうだった。そんな祖母を囲んで、家族や親戚が集まり、とても暖かい元旦であった。

 その2年後、祖母は亡くなった。最後は食事がとれなくなり、立つこともできなくなり、最後のお節は介護施設で出された形のないピューレ状の野菜や魚だった。食事の介助に通いながら、一緒に作ったお節の話をした。祖母はもうしゃべれなくなってはいたが、時々「そうよ」「結婚したらお節作りなさい」と、あの時のように話しかけてきた。

 あれから私は家庭を持ったが、「結婚したらお節作りなさい」とあれだけ言われたにもかかわらず、ぐうたらな孫はお節を作ったのはあれが最後。 仕事や家事の忙しさに流され、ネットでおせち予約購入したものしか自分の家族には出していない。
 そろそろ腰を上げてみようか。野菜の飾り切りや出汁の取り方、お節料理一つ一つの意味、まだまだ祖母の教えを覚えている間に、今年は娘と一緒に作ってみようかな。